スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月13日に在ハイチ大使館主催の天皇誕生日の祝典が行われました。
新しく建て直されたホテルで、ハイチの政府高官、教皇大使、自衛隊の方たち、在ハイチ日本人大勢、そして私はサナトリウムのシスターエヴェリンモリネと一緒に参列しました。
一番嬉しかったこと、それは久しぶりに日本のおすしを頂けたことでした。
やっぱり日本人ですね!

12月18日には自衛隊駐屯地で自衛隊の方たちが今月25日に全員撤退されるので、持って来られたいくつかの機材の贈呈式がおこなわれました。
私たちシグノ結核療養所ではレントゲンの機材を頂くことになりその式に参列しました。
私たちのためには大きなクリスマスプレゼントになりました。
20日には自衛隊員が自ら機械の設置をしてくださいました。本当に神に感謝です。
日本でレントゲンの器械のない結核病院があるでしょうか?
私たちも1980年にやはり日本から頂きましたがもう使えなくなっていました。


もうすぐクリスマスですね。
HAPPY CHRISTMAS!を申し上げます。
そして2013年の新しい年をお元気でお迎えくださいませ。
より良い世界になりますように!
飢えた子どもが世界中にいなくなりますように。
平和が世界中に、それぞれの国に、また家庭に、満ちますように!お祈りいたします。


シスター 須藤昭子
スポンサーサイト

大統領

皆様 ご無沙汰しています。
日本は涼しくなっていることでしょう、こちらはまだ暑いです。
さてやっとハイチの首相が決まりました。医師で国連で働いていた人です。
GARRY CONILLE 氏。
これから閣僚の任命や彼の政治についてのプラン発表がある予定ですが、いずれにしてもマルテリ大統領の就任が5月14日でしたので、今まで4か月以上事実政府が空席という考えられない状態でした。
大変な難産でしたので、ハイチ国民の希望に応えられるよい政府であってほしいと祈っています。

 私はシグノ サナトリウムの お炊事場の再建に取り組んでいます。
なかなかすべてのことが思うように進まず、忍耐の修練をさせられています。

以上ご報告まで。

シスター 須藤昭子

大変ご無沙汰してします、おかげ様で元気にしています。
今朝日本で新しい首相が決まったことをヤフメールで見ました。

ハイチではマルテリ大統領が就任して100日を過ぎたのにまだ首相が決まらず政府ができていません。
どうなるのか?政治家の国民を思う心がないことにいらだちを感じています。
サイクロン「アイリン」が無事に去ってくれてほっとしています。
シグノでは被害は何もありませんでした。
アメリカでは相当の被害があったようです。
シグノ サナトリウムではイタリアのNGO、INTER SOSが外来棟の建築のために仕事を始めるようです。
仮小屋を今作り始めました。
私は同じくシグノサナトリウムの炊事場の再建に取り組んでいます。
簡単ですが以上お知らせします。

皆さんお元気で、残暑をのりこえてくださいませ。

シスター 須藤昭子


日本も暑い日が続いているようですね、皆様お元気でしょうか?

こちらハイチでは自衛隊、4次隊の方たちが九州の方たちと交代されます。
8月中に全員が2部に分かれての交代だそうです。
私はすっかり4次隊の方たちにお世話になったので寂しくなります。

日本のPKOの方のほかに韓国のPKOの方たちとも交流がありました。
その方たちも8月に交代されます。
先日日本と韓国の医療チームの皆さんが一緒に訪問してくださって、両国が仲良く援助し合っているのを大変うれしく思いました。

さてハイチでは2番目の首相の候補者も議会で受け入れられないで、マルテリ大統領就任後もうすぐ3か月になりますが、新しい内閣はできていません。
すべてが遅滞するわけです。

シクローン エミリーは少なくともレオガンで大きな被害をもたらさずに去って行ってくれてほっとしています。

皆様どうぞお気をつけて残暑にもめげずにおすごしくださいませ。

祈りのうちに  シスター 須藤昭子


7月14日にレオガン市に12か所日本の援助で給水施設が出来上がりました。
飲料水に適したお水ですから大変貴重です。
竣工式に参列いたしました。

7月15日にはシグノ結核療養所で洗濯場と洗濯物干場が日本の自衛隊の方々のおかげで出来上がりました。
ちょうど井戸と給水設備のテストで洗濯場にも水が通っているのが証明されました。
これは17日のNHKのニュースで報道されたようで日本の皆様が共に喜んでくださったと思います。

ちょうどその夜私たちの仮設住宅に泥棒が来ました。
私はちょうど用事でポートプランスにいて留守でした、
それで戸と窓を全部しめて出ていたのでよかったのですが、ほかのシスターたちは自分たちの部屋の窓(これが仮設なので金網が張ってあるだけです)それをギシギシハサミで切って侵入してきました。
目を覚ました一人のシスターが「泥棒!」と叫んだらあわてて逃げだしました。
まだ新米だったらしいですが。。。
私たちの住んでいる家は窓が金網でそれを閉めるのは板で作ったとびら?です。
これから鉄棒の柵?を作る予定です。

さて一番気にしているのはハイチ国の首相が未だに決まっていないことです。
新しいマルテリ大統領就任後2か月もたっているのにです。
はじめ指名された人は大変立派な人で残念でしたが議会は承認しませんでした、
2番目に現在議会で審査中の人がいますがなかなかのようです。
政治家が国を思うのか自分の懐を考えるのかわからないと噂されています。
早く内閣が決まり新しいハイチが生まれるチャンスを作ってほしいとねがっています。

皆様に暑中お見舞いを申し上げます。
お元気で夏をおすごしくださいませ。    

シスター須藤昭子
プロフィール

須藤昭子

Author:須藤昭子
すどうあきこ
クリスト・ロア宣教修道女会
1927年4月生まれ

最新記事
ハイチ 復興への祈り
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。