スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月14日にレオガン市に12か所日本の援助で給水施設が出来上がりました。
飲料水に適したお水ですから大変貴重です。
竣工式に参列いたしました。

7月15日にはシグノ結核療養所で洗濯場と洗濯物干場が日本の自衛隊の方々のおかげで出来上がりました。
ちょうど井戸と給水設備のテストで洗濯場にも水が通っているのが証明されました。
これは17日のNHKのニュースで報道されたようで日本の皆様が共に喜んでくださったと思います。

ちょうどその夜私たちの仮設住宅に泥棒が来ました。
私はちょうど用事でポートプランスにいて留守でした、
それで戸と窓を全部しめて出ていたのでよかったのですが、ほかのシスターたちは自分たちの部屋の窓(これが仮設なので金網が張ってあるだけです)それをギシギシハサミで切って侵入してきました。
目を覚ました一人のシスターが「泥棒!」と叫んだらあわてて逃げだしました。
まだ新米だったらしいですが。。。
私たちの住んでいる家は窓が金網でそれを閉めるのは板で作ったとびら?です。
これから鉄棒の柵?を作る予定です。

さて一番気にしているのはハイチ国の首相が未だに決まっていないことです。
新しいマルテリ大統領就任後2か月もたっているのにです。
はじめ指名された人は大変立派な人で残念でしたが議会は承認しませんでした、
2番目に現在議会で審査中の人がいますがなかなかのようです。
政治家が国を思うのか自分の懐を考えるのかわからないと噂されています。
早く内閣が決まり新しいハイチが生まれるチャンスを作ってほしいとねがっています。

皆様に暑中お見舞いを申し上げます。
お元気で夏をおすごしくださいませ。    

シスター須藤昭子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 御無沙汰しております。

泥棒騒ぎでは、シスター達も不安だった事でしょう、その後大丈夫ですか?
レオガンは相変わらずでしょうか、みんな頑張っておられますか。

須藤シスターも、腰をお大事にしてあまり無理なさらないでください。
枕とヨガマットが役に立っていますよう。

ブルンジより、愛をこめて。

第4次隊の帰国

能勢川バイブルキャンプでは、夏のキャンプシーズンの真っ最中。
今年も関西の様々な教会や地域の子ども会のキャンプが行われています。

PKO第4次隊は、いよいよ帰国となります。
第1波の約160人は8月10日、2波の約160人も同30日にチャーター機で関西国際空港に帰国の予定とのこと。

隊員たちからハイチでの活動の様子を聞き、須藤シスターのお働きのためにこれからもお祈りさせて頂きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

須藤昭子

Author:須藤昭子
すどうあきこ
クリスト・ロア宣教修道女会
1927年4月生まれ

最新記事
ハイチ 復興への祈り
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。